秋津壽男“どっち?”の健康学「健康維持のためのウオーキング“速度アップ=リスク高”だと自覚せよ!」

8月14日(月)5時55分 アサ芸プラス

 暑い日が続きます。サラリーマンなら、朝の通勤時間帯は駅まで急ぐ人も少なくありません。夏バテ防止のためにも、今の時期はできるかぎり時間に余裕を持ちたいものです。

 さて、今週は「歩き方」について考えてみましょう。ウオーキングは健康維持にベストな方法ですが、速く歩くのとゆっくり歩くのとでは、どちらがより健康的でしょうか。

 速歩やインターバル歩行など、スポーツ的な歩き方は体力の増進につながります。しかし無理して速く歩いた結果、転んでケガをするようでは本末転倒です。

 遅く歩けば体力増進の度合いは小さいものの、ケガの確率は小さくなります。健康のために歩く場合、長く続けることが肝心で、そう考えると「ゆっくり歩くほうが健康的」と言えます。

 冒頭で申したとおり、人は通勤時に速く歩き、休日にはゆっくりと歩く人が多いと言えます。これは、通勤時は頭がオンになっており、休日はオフになっているからです。そう考えると「速く歩いている時はリラックスしていない」状況となります。

 忙しい人が速く歩くのはしかたない面もありますが、歩く速度が速いほど事故の確率を高めます。若いサラリーマンでも速歩きでケガをすることがあるのですから、高齢者となればなおさらオススメできません。

 また、同じウオーキングでも「健康のためのウオーキング」と「運動のためのウオーキング」があります。

 最近は、腕を大きく振って歩くエクササイズウオーキングがはやっています。これは通常のウオーキングより歩幅を広く取り、歩行時のキック力を高めることで運動負荷を高めます。多くはダイエット目的であり、歩いているうちに息が上がり無酸素状態となります。

 これは、医者の立場として、最もオススメできないスポーツであるランニングの領域に近づいてきます。

 そもそもランニング自体、中毒性があり、長時間走り続けると気分が高揚して多幸感に包まれます。いわゆるランニングハイです。その結果、雨の中や寒い中で走り続けてしまい、突然死のリスクを高めます。

 以前もお話ししましたが、運動には有酸素運動と無酸素運動があります。有酸素運動とは、文字どおり「酸素を必要とする運動」で、体内に取り込んだ酸素により糖質や脂肪を燃焼させてエネルギーに変えます。ウオーキングやジョギング、ランニング、サイクリング、水泳などは有酸素運動で、いずれも下半身を使うため老化防止にも役立ちます。

 一方、無酸素運動とは「酸素を必要としない運動」で、100メートルダッシュのように瞬間的には呼吸をしない状況が生まれます。つまり、速く歩くほど無酸素運動に近づき、健康維持の目的から外れてしまうのです。

 以上を踏まえると、健康的な歩き方とは「会話ができるぐらいの速度でゆっくり歩く」こととなります。景観のいい場所や歴史的な街を、散歩するような感覚でゆっくり歩きましょう。その際、友人と一緒に歩けばコミュニケーションが取れ、ストレスが解消できるなど一石三鳥となります。

 歩く速度の目安としては時速2〜4キロほどが健康的で、6キロとなるとエクササイズに近くなります。ちなみに「駅から徒歩1分」といった不動産表示は約80〜85メートルとなりますが、この速さは平均的な徒歩の速度です。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

健康をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ