BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

安倍改造内閣、永田町に飛び交う「安倍—岸田密約説」

ダイヤモンドオンライン8月14日(月)6時0分
画像:サプライズなき人事だった内閣改造。しかし、中曽根康弘元総理を彷彿とさせるしたたかな布陣を敷き、岸田文雄氏と安倍総理の間には密約説も。安倍総理は憲法改正や自身の三選を諦めてはいないようだ(写真:つのだよしお/アフロ)
写真を拡大
サプライズなき人事だった内閣改造。しかし、中曽根康弘元総理を彷彿とさせるしたたかな布陣を敷き、岸田文雄氏と安倍総理の間には密約説も。安倍総理は憲法改正や自身の三選を諦めてはいないようだ(写真:つのだよしお/アフロ)

8月3日、安倍晋三総理は第三次安倍内閣の再々改造を断行した。加計学園問題や防衛省の日報問題など相次ぐスキャンダルにより、内閣支持率は続落する一方。ついには、政権維持の“危険水域”と呼ばれる30%前後にまで低下した。そんな絶対絶命の状況で行われた今回の内閣改造。果たして安倍総理は、政権の窮地を救うような起死回生の一手を打ち出せたのだろうか。内閣改造の裏側と安倍総理の狙いについて、政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が語った。


「サプライズなきサプライズ人事」で

低姿勢と真面目さをアピール



 今回の改造前には、橋下徹前大阪市長や小泉進次郎衆院議員、大物女性民間人の起用など、様々な情報が永田町を駆け巡った。


 だが蓋を開けてみると、その陣容は、再入閣組を中心に地味な議員たちが顔を並べるものだった。


 若干の驚きで迎えられたのは、前回総裁選への出馬を模索した野田聖子氏の総務大臣起用と、時には政権批判も辞さない率直な発言で知られる河野太郎氏の外務大臣起用だけ。噂されたようなサプライズ人事はなかった。


 こうした組閣の背景について鈴木氏の見解はこうだ。


「今回の組閣のポイントは、サプライズなしというサプライズ。すでに改造前から『支持率低迷の挽回のために何かやるのでは』と国民からは見透かされていました。そのため、あざとく見られるようなことをすれば、余計印象が悪くなる可能性もあった。そこで安倍総理は、その状況を逆手にとって、閣僚経験者やベテラン議員中心の組閣をしました。言うなれば、あえて派手さを演出しないことによって、低姿勢ぶり、真面目ぶりをアピールしようとしたわけです」(鈴木氏、以下同)


 だが、安倍総理の思惑はそれだけではない。先を見据えた手も打っているという。


「まずひとつは、ポスト安倍の有力候補の1人、岸田文雄氏の処遇です。今回、安倍総理は、岸田氏を本人が希望する自民党三役のひとつである政務調査会長に起用し、さらに岸田派の議員を4人も入閣させるなど厚遇しました。背景には、改造前の7月20日におこなわれた安倍総理と岸田氏のサシでの2時間の会談があります」




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

DIAMOND,Inc. All Rights Reservedi.

はてなブックマークに保存

ダイヤモンドオンライン

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
安倍首相のまとめ写真 岸田文雄のまとめ写真 内閣改造のまとめ写真 安倍晋三のまとめ写真

「安倍首相」をもっと詳しく

注目ニュース
ボンネットに乗せたまま運転、殺人未遂で65歳女を逮捕 TBS8月19日(土)6時50分
今月17日、神奈川県小田原市で、近くに住む男性に車で衝突し、ボンネットに乗せたまま運転したなどとして65歳の女が逮捕されました。[ 記事全文 ]
大文字焼きがLED照明に 「やめてしまえ」「これも時代の流れか」 J-CASTニュース8月19日(土)7時0分
山梨県笛吹市で行われた「甲斐いちのみや大文字焼き」で、火ではなくLED照明で「大」の文字を点灯させたことがネットで話題になっている。[ 記事全文 ]
自民・長島忠美衆院議員が死去 旧山古志村の村長 産経新聞8月19日(土)8時23分
自民党の長島忠美(ながしま・ただよし)衆院議員(新潟5区)が18日夜、新潟県長岡市内の病院で死去した。党関係者が19日、明らかにした。[ 記事全文 ]
歌舞伎町で職質中、男が急発進…男性ひかれ死亡 読売新聞8月19日(土)11時48分
19日午前4時30分頃、東京都新宿区歌舞伎町の駐車場で、警視庁新宿署員に職務質問を受けていた男が止めていた車に乗り込んで急発進し、制止する同署員を引きずった上、一緒に職務質問を受けていた男性をひいた。同署員が車を停止させ、男を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕。[ 記事全文 ]
少年が驚きの自由研究、「分数ものさし」11月に商品化 TBS8月18日(金)12時56分
「JNN2017夏こどものチカラ」です。今回は、小5の時の自由研究で、ある「ものさし」を作った静岡県浜松市の少年の話です。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア