日中韓、21日に外相会談=「日韓」も調整

8月16日(金)20時36分 時事通信

 外務省は16日、日中韓3カ国の外相会談を21日に北京市郊外で開催すると発表した。新型短距離弾道ミサイルを含む飛翔(ひしょう)体を相次いで発射する北朝鮮への対応が主なテーマになる見通し。河野太郎外相は中国の王毅外相、韓国の康京和外相との2国間会談もそれぞれ調整している。
 日本政府が今月2日に輸出管理上の優遇対象国から韓国の除外を決定して以降、日韓外相の個別会談は初めてとなる。徴用工問題や輸出管理をめぐり両国の亀裂が深まる中、文在寅大統領は対日批判を抑える場面もあり、外相会談で局面転換に向けた糸口を見いだせるかが焦点。河野氏は、韓国が破棄を示唆する日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長を促すとみられる。 

[時事通信社]

時事通信

「会談」をもっと詳しく

「会談」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ