京アニ事件、遺品を紛失=腕時計、京都府警が謝罪

8月16日(金)16時23分 時事通信

 京都アニメーションの放火殺人事件で、犠牲者が事件当時身に着けていた腕時計を京都府警が紛失していたことが16日、分かった。府警は遺族に経緯を説明し、謝罪した。
 府警によると、紛失は7月下旬、遺体を遺族に引き渡す際に発覚した。通常、犠牲者の所持品は検視の際に撮影し、持ち主ごとにリスト化。その後司法解剖などをする際にも、常に遺体と一緒に管理される。今回も検視の段階で腕時計を身に着けていることを確認していたといい、遺体を遺族に引き渡す前の手続きを進めていた際に紛失したとみられる。 

[時事通信社]

時事通信

「京都アニメーション」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「京都アニメーション」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ