滋賀・湖西道路で3台が絡む玉突き事故 女児1人死亡、6人重軽傷

8月16日(金)21時30分 毎日新聞

滋賀県警本部=大津市打出浜で2019年2月24日、濱弘明撮影

写真を拡大


 16日午後3時15分ごろ、大津市坂本7の国道161号・湖西道路で、北進してきたワゴン車が渋滞の車列に突っ込み、計3台が絡む玉突き事故があった。滋賀県警によると、ワゴン車に乗っていた京都市右京区の田中志帆ちゃん(1)が首を強く打つなどして死亡。子ども2人を含む男女計6人が重軽傷を負った。


 県警は、ワゴン車を運転していた志帆ちゃんの父(41)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で現行犯逮捕し、その後釈放。前をよく見ていなかった可能性があるとみて、同法違反(過失致死傷)容疑に切り替えて任意で捜査を進める。父もけがをした。


 県警によると、現場は片側2車線の直線で、渋滞の最後尾にいた乗用車にワゴン車が追突した。ワゴン車には家族5人が乗り、同県守山市に向かう途中で、志帆ちゃんは真ん中の座席にいたという。同乗していた6歳と4歳の兄と母(37)、追突された2台の女性2人も負傷した。【諸隈美紗稀】

毎日新聞

「道路」をもっと詳しく

「道路」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ