台風10号の余波、17日の都心は37度予想

8月17日(土)0時46分 読売新聞

 日本海を北東へ進んでいた台風10号は16日夜、北海道の西の海上で温帯低気圧に変わった。北海道では17日にかけて非常に激しい雨が降り、17日午後6時までの24時間雨量は200ミリと予想されている。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒するよう呼びかけている。

 一方、高気圧に覆われる影響で、17日は関東地方を中心に厳しい暑さとなる見込み。気象庁によると、埼玉県熊谷市で38度、東京都心で37度、京都市で36度などと予想されており、同庁は熱中症への注意を求めている。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ