あおり運転・顔を殴る様子、映像に…男を指名手配

8月17日(土)12時3分 読売新聞

 茨城県守谷市の常磐道で今月10日、男が「あおり運転」をし、停止させた後続車の男性を殴ったとされる事件で、県警は17日未明、住所、職業不詳の宮崎文夫容疑者(43)について傷害容疑で逮捕状を取り、全国に指名手配したと発表した。捜査関係者によると、宮崎容疑者が運転していた乗用車と同じナンバーの車が7月23日に愛知、静岡県でもあおり運転をしていたとの情報があり、関連を調べている。

 発表によると、宮崎容疑者は10日午前6時15分頃、同市大柏の常磐道上り線で乗用車を蛇行運転するなどし、後続の茨城県内の男性会社員(24)が運転する車を本線上で止めさせた上、「殺すぞ」などとどなって車内にいた男性の顔を複数回殴り、けがをさせた疑い。

 県警は男性の車のドライブレコーダーの記録などから宮崎容疑者を特定し、運転していた車両を押収。車両は横浜市のディーラーから貸し出された代車だった。

 ドライブレコーダーの映像では、宮崎容疑者とみられる男があおり運転を繰り返したり、3車線の真ん中に車を横向きで止め、後続車の男性に向かって叫んだりしていた。その後、男は運転席から降りて男性の車に向かい、運転席側の窓から男性の顔を何度も殴った。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「あおり運転」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「あおり運転」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ