「崎陽軒を責めたのは早すぎた」 N国・立花孝志氏が「5時に夢中!」スタジオ前で謝罪、マツコ・デラックスへの攻撃も控える

8月19日(月)18時44分 BIGLOBEニュース編集部

画像はTOKYO MXのホームページ スクリーンショット

写真を拡大

NHKから国民を守る党の立花孝志党首は19日、「5時に夢中!」放送中のスタジオ前の路上でTOKYO MXへの抗議を行った。その一方で、スポンサーである崎陽軒の不買表明については「責めたのは早すぎた」とし謝罪、マツコ・デラックスに対しても「個人的な攻撃は控える」とコメントした。


路上で抗議演説を行った立花氏は、N国党に投票した有権者がふざけているという趣旨のマツコの発言について、責任は「5時に夢中!」を放送しているTOKYO MXの経営陣などにあると釈明。スポンサー企業には責任はないとの見解を示し、不買を表明し崎陽軒を責めたことは「ちょっと早すぎた」「謝罪しなければならない」「ごめんなさいと言いたい」とコメントした。また、マツコに対しても「これ以上いじめるといじめになる」として、「個人的な攻撃は控える」とした。


一方でTOKYO MXに対しては、政治的に公平であることなどを求める放送法4条に抵触しているのではないかとの立花氏からの問いに対し「検討しているとの回答」しか得られていないと改めて抗議。このため、毎週月曜日には抗議に来なければならないとの姿勢を示した。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「立花孝志」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「立花孝志」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ