「ありふれた」事件である「あおり運転殴打」はなぜ拡散されるのか

8月21日(水)17時0分 文春オンライン

 ここのところ、SNSからメディアまで、あおり運転殴打とその容疑者逮捕の話題で持ちきりだ。これを書いている今も、テレビの情報番組では容疑者の「素顔」とやらを追っているし、ヤフー・ニュースのアクセスランキング上位5位中1、2、4位はその関連ニュースだ(※8月9日14時現在)。


恐ろしく「ありふれた」事件でもある


 ただ、この事件が話題になり始めた頃から、どうにも違和感が拭えないままでいる。確かに、2017年6月の東名高速道路におけるあおり運転がもたらした追突事故は痛ましく、あおり運転への国民の問題意識を大いに高めたのは疑いない。だが、今回の事件で指名手配となった容疑は傷害に過ぎない。大々的な指名手配や、国家公安委員長が言及するような事件とも思えない。


 誤解を与えかねないので先に書いてしまうが、筆者は本件は逮捕に値すると思っているし、容疑者が逮捕されたことに安堵している。だが、事件そのものは、死亡事故につながる可能性はあったものの、恐ろしく「ありふれた」ものであるのも確かだ。



©iStock.com


見過ごされてきたあおり運転との差


 この事件と同時期には、埼玉県で50代男性が同居する80代の母親を殺害したとされる事件(8月14日逮捕)や、岡山県のホテルで女性が暴力団構成員に殺害される事件(8月13日逮捕)といった凶悪事件が起きている。だが、いずれもの事件も知らない人は大勢いるだろう。


 同じあおり運転の事件ですらそうだ。この手の事件は珍しいものではない。例えば、2017年9月にハイビームに立腹した男が、5キロに渡りあおり運転を繰り返し、信号で停止した車の窓ガラスを叩き割り、運転手を殴り鼻を骨折させた事件が起きているが、ご存知の方はどれほどいるだろうか? 今回の事件よりも激しいが、扱いは遥かに小さかった。東名の事件よりも後に発生したにも関わらず——。


 今回の事件と、それ以前の事件を分けたものはなんだろうか? 筆者はやはり映像の力によるところが大きいと考えている。今回の「あおり運転殴打事件」では、被害者が映像をテレビ朝日に投稿したことや、SNS上での拡散もあり、様々な機会で目にすることができた。運転という多くの人にとっての日常の中で、突然理不尽な暴力に見舞われる映像は、人々の心を揺り動かしたことは想像に難くない。




「武器よりもカメラを手に入れる」


 筆者は普段、軍事関係についての記事を中心に執筆しているが、今回のあおり運転の件は国際情勢をめぐる動きと地続きの事象でないかと感じている。その一つが映像だ。


 筆者が想起したのは、2016年に放映されたNHK BS1スペシャル『テレビと“戦争”』の一場面だ。ウクライナ南東部で親ロ派武装勢力と交戦しているウクライナの民兵組織アゾフ大隊の広報担当者が、「5000ドルあれば、武器よりもカメラを手に入れる。カメラならば世界中の標的に届くからだ」と語っていたことだ。現にアゾフは、日本メーカーの一眼レフカメラの、映像にも写真にも強いモデルを所持していた。


 写真や映像の持つ力はそれほどまでに大きい。過去にも1972年に南ベトナム軍の爆撃で村を焼きだされた少女の写真は、国際的に大きな衝撃をもたらしたし、近年も2015年に溺死したシリア難民の男児の写真が世界中に拡散するや、欧州各国政府首脳は相次いでコメントを出す事態にまでなった。



喚起された感情はなんだったろうか


 もっとも、戦争で負傷する非戦闘員の子供はずっと以前から大勢いるし、シリア難民の死者だって氷山の一角に過ぎない。結局の所、彼らと他の大多数を分けたものは、印象的なヴィジュアルとして配信されたかどうかだ。


 あまりにもスケールが違うが、今回のあおり運転にしても同じだ。本来は「たまにある事件」として処理され、控えめな報道に終わる程度の話だった今回のあおり運転も、高速道路での危険行為に加え、車内の被害者に対する暴行まで鮮明に記録・公開されたことで、人々の感情を揺り動かした。その結果、京アニ事件後の大トピックとして扱われるまでになっている。


 そして、映像により文章などとは比較にならないほど喚起された感情はなんだったろうか。映像が知れ渡った後、容疑者(便宜的にこう呼ぶ)を逮捕せよとの声は様々聞かれたし、指名手配前には容疑者の男女の名前と称する誤った情報が拡散されていた。また、警察の動きの遅さを非難する声も多々見られた。これらはいずれも「怒り」に起因するものと見られるだろう。



SNSでは「怒り」が最も拡散された感情だった


 中国の北京航空航天大学の研究グループは、中国のSNS「微博(ウェイボー)」の約7000万件の投稿を解析したところ、「怒り」がもっとも拡散された感情であったことを明らかにしている。


 世界各地で日々生み出されるフェイクニュースも、拡散のために感情を揺り動かすよう設計されているが、その中でも怒りは使われている。著名な2016年のピザゲート事件では実在のピザ店が、ヒラリー・クリントンや米民主党関係者による小児性愛の秘密組織の隠れ蓑だというフェイクニュースが拡散され、それを真に受け義憤に駆られた二児の父親が自動小銃と拳銃で同店を襲撃している。



「事件性の再評価」と前向きに捉えられるか……


 今後、このような「類似事件はずっと以前から起きていたが、映像に捉えられたことで人々の怒りを喚起する」事件が増えていくと思われる。これまで見過ごされてきた事件の再評価と前向きに捉えることもできるかもしれないが、今の流れを見る限り、それがどこまで当てはまるかは自分には分からない。


 ポケットに収まるような端末でいつでもどこでも映像が見られる・撮れる時代は、かつて空想された世界でもあったはずなのだが、やってきた時代の「コレジャナイ」感は想像の範疇になかったものだ。


 それにしても、当の容疑者もSNSで自分をいかに大きく見せつけるかに腐心しているのが窺えたが、自分が日本の話題を独占している今、どう思っているのだろうか。コレジャナイと頭を抱えているのだろうか……。



(石動 竜仁)

文春オンライン

「あおり運転」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「あおり運転」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ