台風11号(バイルー)発生 今週末、沖縄・先島諸島に接近のおそれ

8月21日(水)16時11分 ウェザーニュース


2019/08/21 17:30 ウェザーニュース

今日21日(水)15時、フィリピンの東海上の熱帯低気圧が台風11号(バイルー)になりました。
中心気圧は998hPa、中心付近の最大風速は18m/sで北西に時速15kmで進んでいます。

▼台風11号 8月21日(水) 15時
 存在地域   フィリピンの東
 移動     北西 15 km/h
 中心気圧   998 hPa
 最大風速   18 m/s
 最大瞬間風速 25 m/s

今後やや発達しながら北西へ進む見込みですが、暴風域を持たないまま、週末頃に沖縄の先島諸島に接近するおそれがあります。その後は台湾付近を通って、中国大陸方面に向かう可能性が高くなっています。

直撃せずとも大雨に警戒

世界の予測モデル

進路や発達具合には不確定な部分がありますが、北上してくると日本列島に暖かく湿った空気が流れ込みやすくなり、秋雨前線の活動が活発になる可能性があります。

日本列島に直撃はしなくても週末以降、沖縄や西日本で大雨となる恐れもあるため今後の情報に留意するようにしてください。

また、南西諸島周辺では、台風が近づく前から次第に波やうねりが高くなる見込みです。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風11号のバイルー(Bailu)は、中国が提案した名称で「白鹿」のことです。


ウェザーニュース

「台風」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ