北海道 マラソン日和になる?

8月25日(日)10時17分 tenki.jp

今日(25日)、札幌では北海道マラソン2019が行われますが、気になる天気はどうなるでしょうか。札幌では日付が変わった前後から弱い雨が降り出し、朝9時頃も一部で小雨が降っています。市内の一部では昼頃まで傘がいらない位の雨も降りますが、雨雲は次第に弱まり、降り方の強まることはないでしょう。全般に雲の隙間から日が差す程度で雲が広がりやすく、じりじりと照り付けるような強い日差しはない見込みです。最高気温は9月下旬並みの21度位で、極端な暑さもないでしょう。

北海道 マラソン日和になる?

ただし、注意が必要なことも

北海道マラソンは通例、8月下旬に行われる、日本国内で夏季に開催される最大級のマラソンです。札幌市中心部の大通公園からスタートしゴールします。過去10年間の開催日の天気を見ると、1ミリ以上の雨の降った日は1度しかありません。今日の北海道付近は、日中は千島の東に中心を持つ、低気圧や前線を含む気圧の谷の中に入るでしょう。道北やオホーツク海側などでは雨の降る所がありますが、降る雨の量は少ない見込みです。
また、過去10年では、最高気温は25度以上の日が10回中7回と多くなっています。今日の予想最高気温は21度位と、猛暑ではない見込みです。通常の活動には適した気温といえそうですが、マラソンは激しい運動となるため、こまめな水分の補給が必要です。また、札幌マラソンでは、市民ランナーの参加も少なくなく、完走タイムが4時間を超える人も多いといいます。ゴール付近に差し掛かるのが正午前後と、一日の中で最も気温の高くなる時間帯と重なることも考えられます。体調には十分に注意して下さい。

tenki.jp

「北海道」をもっと詳しく

「北海道」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ