韓国が「世界中で嫌われる」ヒンシュク実態(2)「韓国人は共生できない民族」

9月2日(月)9時58分 アサ芸プラス

 世界の主要都市に点在する「コリアンタウン」に対する不満の声は根強い。世界情勢に強いアナリストが証言する。

「韓国人の移民コミュニティー内には決まって“女性が性を売る宿”が存在して、現地住民とトラブルになるケースが多い。しかもお国柄か、立ちんぼスタイルがもっぱらで、ホテルを利用せずにビルの路地裏で行為に及ぶ不届き者もいる始末。使用済みの“妊娠を避けるゴム製品”を当たり前のようにポイ捨てするので地元民に嫌われています。現地の女性を雇うケースもあるようですが、メインで働くのは出稼ぎに来た韓国人女性です。アメリカでも数年前に韓国人のそうした性を売る闇ビジネスを行うグループが逮捕された事件がありましたよね」

 さらにランキング上位の国からは、サムスンに代表される財閥企業の海外進出により、さまざまな軋轢が生じていることが報告されている。

「韓国企業は、自動車や電子部品の工場を中南米に設立して生産拠点にしています。そこで、現地の人を労働者として雇うのですが、上司にあたる韓国人からのパワハラが当たり前のように横行しているのです。給料は地場の企業よりも多くもらえるようですが、ラテン系の社会では異質感を拭えない。メキシコでは『共生できない民族』と酷評されています」(室谷氏)

 極め付きは、素行の悪さで知られるスポーツでの悪辣行為の数々だ。スポーツ紙サッカー担当記者が明かす。

「02年に開催されたサッカーの日韓ワールドカップでの快進撃で韓国サッカーは注目されましたが、ポルトガル、イタリア、スペインといった格上の強豪国を破る一方、たび重なるラフプレーや素行の悪さもまた世界中のサッカーファンの知るところとなりました。特にドイツは準決勝で韓国と対戦した際に『ヒットラーの子孫は去れ!』と韓国人サポーターから心ないヤジを飛ばされたことがある。これまで認識のなかった東アジアの小国の態度としてはきわめて不遜に映ったことでしょう」

 また海外旅行でのマナーの悪さも、旅行代理店関係者の間では知られた話だ。

「現地の飲食店に自国からキムチや韓国焼酎を持ち込むのは当たり前。観光地に平気で唾や痰を吐いたりと、本当にやりたい放題なんです。“郷に入れば郷に従え”が通じない国民性なので、観光案内スタッフも頭を抱えています」

 世界中で嫌悪のタネをまき続ける韓国。国際社会でヒンシュクを買った国を待ち受けるのは、衰退でしかないことは歴史も証明するところ。もはや、かの国につける薬はないのか!?

アサ芸プラス

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ