台風11号 先島諸島は猛烈な風や線状降水帯発生の可能性 西・東日本も大雨に警戒

2022年9月3日(土)6時52分 tenki.jp

大型で非常に強い台風11号は3日(土)夜のはじめ頃から沖縄の先島諸島にかなり接近するでしょう。先島諸島では猛烈な風が吹き、線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が急激に高まる可能性も。6日(火)頃には台風は九州に接近するおそれがあります。

大型で非常に強い台風11号 先島諸島を直撃 来週は九州に接近か

大型で非常に強い台風11号は、3日(土)夜のはじめ頃から4日(日)未明にかけて先島諸島へかなり接近する見込みです。
台風は5日(月)にかけて東シナ海を北上し、次第に進路を東よりに変えて、6日(火)には暴風域を伴ったまま九州へ接近するおそれがあります。その後、日本海を北北東へ進み、7日(水)に温帯低気圧に変わるでしょう。

沖縄 先島諸島を中心に大荒れ

沖縄地方では台風の影響で非常に強い風が吹き、猛烈なしけとなっている所があります。台風の接近に伴い、4日(日)にかけて先島諸島では一部の住家が倒壊するおそれもある猛烈な風が吹き、猛烈にしける所があるでしょう。風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒してください。4日(日)にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は45メートル(65メートル)、予想される波の高さは10メートルです。
また、台風の影響で潮位が高くなり、3日(土)夜のはじめ頃から4日(日)未明にかけて警報級の高潮となる所があるでしょう。海岸や河口付近の低地では高潮による浸水や冠水に厳重に警戒してください。
台風本体や台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となり、5日(月)にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。4日(日)6時までの24時間に予想される雨量は多い所で250ミリ、その後、5日(月)6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で100から200ミリです。なお、3日(土)午後から4日(日)午前中にかけては、線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があり、線状降水帯が発生した場合は、局地的にさらに雨量が増えるおそれがあります。

西日本〜東日本 台風接近前から大雨警戒 来週は九州に台風接近か

3日(土)、前線が西日本から東日本へのびています。前線は4日(日)にかけて日本海まで北上する見込みですが、前線に向かって、台風周辺の暖かく湿った空気の流れ込み、西日本から東日本を中心に大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。西日本から東日本を中心に5日(月)にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みです。
4日(日)6時までの24時間に予想される雨量は多い所で
東海地方:200ミリ
奄美地方:150ミリ
九州北部地方:120ミリ
九州南部、四国地方:100ミリ
その後、5日(月)6時までの24時間に予想される雨量は多い所で
九州北部地方、九州南部:100から200ミリ
東海地方、近畿地方、四国地方、奄美地方:100から150ミリ
土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。
なお、台風11号は6日(火)頃から九州に接近し、九州を中心に西日本でも風が強まり、大荒れの天気となるおそれがあります。交通機関への影響にも注意が必要です。7日(水)には温帯低気圧に変わりますが、北日本でも風や雨が強まる可能性があり、最新の情報にご注意ください。
北日本:北海道・東北
東日本:関東・東海・北陸
西日本:近畿〜九州

台風の暴風 家の中で いるべき所は

台風は、中心が近づくにつれて暴風をもたらし、さらに台風のスピードが遅いと、暴風が長い時間続く場合があります。また、台風の中心から離れていても、大気の状態が不安定になり、竜巻などの突風が吹くこともあります。暴風や突風によって、建物に様々な物が飛んでくることもありますので、室内でも十分な注意が必要です。
具体的には、台風が近づいている時には、屋内でもできるだけ窓から離れましょう。なるべく家の中心部に近い所で、窓のない部屋に避難してください。もし窓がある場合は、窓を閉めて、カーテンを引き、雨戸やシャッターがあれば、閉めておきましょう。風が強くなってからの屋外での作業は、暴風によって転倒する恐れがありますので、絶対にやめてください。

tenki.jp

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

「台風」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ