四国地方 6日に「線状降水帯」発生の可能性 災害の危険度が急激に高まることも

2023年9月5日(火)21時45分 tenki.jp

四国地方では、6日午前中から午後にかけて線状降水帯が発生して大雨災害が発生する危険度が急激に高まる可能性があります。

四国地方 6日午前中から午後にかけて「線状降水帯」発生の可能性

高松地方気象台は5日21時30分、大雨と落雷及び突風に関する地方情報を発表しました。四国地方では、6日午前中から午後にかけて、線状降水帯が発生して大雨災害発生の危険度が急激に高まる可能性があります。
・雨の予想
6日に予想される1時間雨量は、多い所で、
瀬戸内側 50ミリ
太平洋側 70ミリ
また、6日0時から7日0時までの24時間に予想される雨の量は、多い所で、
瀬戸内側 200ミリ
太平洋側 300ミリ
となっています。
線状降水帯が発生した場合は、局地的にさらに雨量が増えるおそれがあります。

線状降水帯発生予測がでたら

半日程度先に「線状降水帯」による豪雨の可能性があると呼びかける情報を気象庁が発表した場合は、発表対象となった地方のどこかで、猛烈な雨や非常に激しい雨が降り、大雨災害発生の危険度が急激に高まる可能性があります。以下のような行動をとるようにしてください。
①いつもより大雨災害が起きる可能性が高い状況だということを認識し、テレビやスマートフォンなどで気象情報をこまめに見るようにしてください。
②川の近くや土砂災害の危険のある地域にいる人は、避難する可能性があると考え、自治体から発表される避難情報に注意しましょう。この段階で、飲食品、貴重品、着替えなど避難所に持って行くものを再確認し、必要になればすぐに避難できる準備を整えてください。暗くなってからの避難は危険です。気象情報や避難情報をこまめに確認しつつ、明るいうちの避難を心がけましょう。
③避難先は、自治体の指定する避難所のほかに、安全な親戚・知人の家やホテル・旅館など複数の候補を考えておくと良いでしょう。感染症対策として、消毒液やマスクなども用意してください。感染が心配な方も、避難所の感染症対策は進んでいますので、他の避難先が思い浮かばない場合はためらわず避難所に避難してください。

tenki.jp

「四国」をもっと詳しく

「四国」のニュース

「四国」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ