三重県で非常に激しい雨 道路冠水や河川氾濫に警戒を

9月5日(木)7時35分 ウェザーニュース


2019/09/05 07:36 ウェザーニュース

停滞する前線に向かって湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっていることで、昨夜から東海地方では非常に激しい雨が降っています。
深夜には三重県四日市市では、1時間に100mmを超える猛烈な雨が観測されました。

1時間に80mm近い非常に激しい雨に

激しい雨のエリアは場所を変えつつあるものの、今日5日(木)朝も三重県鳥羽では6時50分までの1時間に79.0mm、南伊勢では6時までの1時間に56.0mmという非常に激しい雨を観測しています。

断続的に激しい雨 土砂災害発生などに厳重警戒

現在、非常に激しい雨となっている志摩半島など三重県南部では夕方頃まで断続的に激しい雨のおそれがあります。

その他、三重県全域や東海地方の西部でも明日まで雨が降ったりやんだりの状態が続き、局地的には激しい雨となる予想です。

低い土地の浸水や道路冠水、河川の氾濫・増水、土砂災害の発生など、厳重に警戒をしてください。


ウェザーニュース

「土砂災害」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「土砂災害」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ