台風15号 関東直撃 急激に雨風強まる 災害発生に厳重警戒を

9月8日(日)17時10分 ウェザーニュース


2019/09/08 17:09 ウェザーニュース

台風15号は8日(日)16時の推定位置では、八丈島の西北西の海上にあって、北北西に時速30kmで進んでいます。中心気圧は965hPa、中心付近の最大風速は40m/sで暴風域を伴っています。

夜遅くに上陸 関東直撃へ

▼台風15号 9月8日(日)16時推定
 存在地域   八丈島の西北西約90km
 大きさ階級  //
 強さ階級   強い
 移動     北北西 30 km/h
 中心気圧   965 hPa
 最大風速   40 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 60 m/s

この後も北寄りに進み、今夜から明日9日(月)未明にかけて暴風域を伴ったまま、関東もしくは伊豆半島に接近・上陸する見込みです。

関東でも50m/s超の記録的な暴風のおそれ

このあとも台風はあまり勢力を落とすことなく、関東に接近・上陸するので、猛烈な暴風が吹き荒れるおそれがあります。
東京湾や湾岸エリア周辺を中心に記録的な暴風となる見込みです。

すでに9日(月)朝は運転見合わせを決めている路線もあり、交通機関にも大きな影響が出てしまいそうです。

瞬間的には広い範囲で30m/s以上、房総半島や三浦半島は40m/s、場所によっては60m/sと停電や木が折れるなどの被害が出るような危険な暴風となります。
停電への対策や、窓を守るために雨戸を閉めたり、割れてもガラスが飛び散らないようにテープで養生するなどの対策を行うようにしてください。

また、東京湾や相模湾周辺では、南側から風が吹きつけられるので、台風の接近時は高潮や高波にも警戒が必要です。

大雨により冠水発生のおそれ 早めの避難を

雨風ピーク表

また、激しい雨も予想されており、多いところでは関東南部でも400mm前後に達するおそれがあります。

特に関東西部の山沿いでは1時間に100mm前後の猛烈な雨が降ることも考えられるため、大規模な道路冠水や河川の氾濫・増水、土砂災害の発生に厳重な警戒が必要です。


今回の台風はコンパクトにまとまっているため、このあと急に雨風が強まりだします。
避難は早めにするなど、台風接近が深夜だからと油断せず、早め早めの対策をしてください。

また、深夜の風雨により、9日(月)の通勤・通学時間帯まで影響が残ることが考えられるため、最新の情報も確認するようにしてください。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風15号の名前「ファクサイ(Faxai)」は、ラオスが提案した名称で、女性の名前が由来です。


ウェザーニュース

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ