前線北上 日曜から雨のエリア広がる

9月10日(土)17時33分 tenki.jp

11日(日)は前線が北上し、関東周辺で雨。東北や東海から九州でも雨雲のかかる所あり。12日(月)は東北や関東から九州の広い範囲で雨が降り、雨脚が強まる所もあるでしょう。

11日と12日の予想天気図

11日と12日の予想天気図

晴れは束の間

きょう10日(土)は、高気圧に覆われて、日差しの届いている所が多くなっています。夏の暑さが残っている一方で、日陰に入ると、頬をなでる風にふと秋を感じられることも。また、下記リンクの記事「秋の気配 宇都宮でアキアカネの初見」にもあるように、アキアカネが姿を見せたり、コオロギの鳴き声が聞こえたりと、虫や植物からも少しずつ秋を感じられるようになってきました。この先は天気図からも季節の移り変わりを感じられそうです。

主役は秋雨前線 日曜に傘が必要な所は?

このところ台風の襲来が相次いでいる日本列島ですが、この先はしばらく前線による雨が続くことが予想されます。あす11日(日)は関東の南岸まで前線が北上してくるでしょう。11日(日)の雨は関東周辺が中心です。関東甲信は、沿岸部の早い所では朝から雨の降る所があり、都心周辺も昼頃からは雨雲がかかるでしょう。夕方から夜はさらに内陸部でも広く雨になりそうです。東海の雨の降り出しは、今のところ夜の所が多いですが、前線に近い静岡から三重にかけては昼頃には雨の降る所もあるでしょう。東北の太平洋側と、近畿から九州も夜は雨の降り出す所がありそうです。お出かけ前に最新の予報をチェックして、雨具の用意を。

月曜に傘が必要な所は?

12日(月)になると、前線は関東から九州付近にかけて延びるでしょう。このため、雨のエリアがかなり広がります。また、気圧の谷の接近に伴って前線の活動が活発になります。東北や関東から九州にかけて広く本降りの雨となる見込みです。局地的に発達した雨雲がかかって、雨の降り方が強まる所があり、雨の量が多くなる可能性もあります。13日(火)以降も本州付近に前線が停滞しやすく、東北から九州は曇りや雨の日が多くなるでしょう。夏の疲れが出る頃で、体調を崩しやすい時期です。雨に濡れて体を冷やさないよう、お気をつけください。

tenki.jp

「東北」をもっと詳しく

「東北」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ