東京の空には夏と秋が混在 午後は夏の雲が優勢になり雷雨も

9月11日(金)10時30分 ウェザーニュース

2020/09/11 10:26 ウェザーニュース

今日11日(金)、東京など関東は晴れている所が多くなっています。空の高い所には秋を感じさせるすじ雲などが広がっているのと同時に、大きな入道雲もあちらこちらで見られており、夏と秋が混在する空です。
大陸からは秋の空気が日本付近に拡大しているものの、日本の南東海上では夏の太平洋高気圧が勢力を維持しており、夏の雲と秋の雲が一度に見られていると考えられます。

気温が上昇し午後は夏の雲が優勢に

9月中旬に入ったとはいえまだ日差しは強く、晴れている東京都心など30℃を超える真夏日の所が多くなっています。気温が上がることによって大気の状態はより不安定になり、午後にかけては夏の雲、入道雲が大きく成長する見込みです。
すでに千葉県から茨城県の一部に雨雲が発生し、午後は東京都心を含む関東の全域で雨雲が発達しやすくなってきます。夏のように突然の雨に見舞われる心配がありますので、外出時は雨具をご用意ください。局地的な激しい雨による道路冠水や、落雷などにも注意が必要です。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

ウェザーニュース

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ