東名あおり運転で逮捕状=ワゴン車の男、器物損壊容疑—愛知県警

9月12日(木)11時40分 時事通信

 愛知県の東名高速道路で、走行中の乗用車が後続のワゴン車にあおられ、エアガンのようなものを発射された事件で、県警が12日までに、器物損壊容疑でワゴン車を運転していた40代の男の逮捕状を取ったことが、捜査関係者への取材で分かった。男は所在不明で、県警が行方を追っている。
 捜査関係者によると、男は8日午前7時ごろ、東名上り線日進ジャンクション(愛知県日進市)—上郷サービスエリア(同県豊田市)間で、前を走る車にクラクションを鳴らしたり、エアガンのようなものを発射したりするあおり行為をした疑いが持たれている。けが人はなかったが、あおられた車にへこみなどの傷が残った。
 ワゴン車は約1時間後、岐阜県内の中央自動車道の路肩で燃料切れの状態で停止しているのが見つかった。男は徒歩で立ち去り、愛知県警が同乗の女性から事情を聴いていた。 

[時事通信社]

時事通信

「あおり」をもっと詳しく

「あおり」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ