橋本五輪相「先頭を切って全力を尽くす」

9月12日(木)14時3分 産経新聞

職員に向かって就任のあいさつをする橋本聖子五輪相=12日午前、東京・永田町(寺河内美奈撮影)

写真を拡大

 橋本聖子五輪相は12日、内閣府で前任の鈴木俊一自民党総務会長から引き継ぎを受けた。鈴木氏は2020年東京五輪・パラリンピックについて「復興五輪・パラリンピックの内実が整ったと思っている。ぜひ引き続き力を入れてほしい」と述べ、橋本氏は「しっかり頑張る」と応じた。

 この後、橋本氏は内閣府で職員約100人に訓示した。夏冬合わせて計7回の五輪に出場した自身の経験を踏まえ「五輪・パラリンピックには目に見えない感動と、日本の秘めた能力を引き出す力があると確信している」と述べた。

 その上で「柔軟な対応能力を持ち、攻めるべきところは攻め、素晴らしい五輪・パラリンピックになるように先頭を切って全力を尽くす。一緒に戦ってほしい」と呼びかけた。

産経新聞

「五輪」をもっと詳しく

「五輪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ