週間天気 曇りや雨の日が多い一週間 台風14号の動向に注意

9月12日(日)5時18分 ウェザーニュース

2021/09/12 05:03 ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

・沖縄は台風14号に警戒、北上後の進路に注目
・曇りや雨の日が多い
・東日本や西日本は蒸し暑く、北海道は冷え込み注意

沖縄は台風14号に警戒、北上後の進路に注目

台風14号は12日(土)4時現在、非常に強い勢力で与那国島の南海上を北に進んでいます。
今日12日(日)に台風が最も近づく先島諸島では、中心の進路に近い与那国島や石垣島など八重山地方で急に雨や風が強まります。大雨や高波、高潮などに対しても厳重な警戒が必要です。
明日13日(月)以降、東シナ海に進んだ後は台風を移動させる風が弱いため動きが遅くなり、その後の進路の予想が難しくなります。週後半の天気も台風の進路次第で変わるおそれがあるため、最新の情報をご確認ください。

曇りや雨の日が多い

週間天気図  9月13日(月)〜9月18日(土)

14日(火)にかけて晴れるところがあっても、再び秋雨前線が本州付近に停滞しやすくなります。
そのため、東日本や西日本の広い範囲で曇りや雨のところが多くなり、特に九州など西日本の太平洋側を中心に前線に近いところでは雨や風の強まる可能性があります。日差しの届くタイミングを有効に活用してください。
また、台風14号の進路次第ではいつ進路を変えるかにより、週後半にかけて西日本へも影響が出始めるタイミングが異なるため、今後の動向に注意が必要です。

東日本や西日本は蒸し暑く、北海道は冷え込み注意

週明けは関東など東日本や西日本は日差しが届き、30℃に達するところがあるなど蒸し暑い日が続く予想です。
朝晩は涼しさを感じる日もあるので、一日の体感の変化に気を付けて、体調を崩さないようにお過ごしください
また、上空の寒気の影響を受ける北海道は季節が前進。内陸部ほど朝の冷え込みが強まり、最低気温が一桁の気温の日も出てきます。冬物の暖かい服装の準備が必要となりそうです。

ウェザーニュース

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ