東名道エアガン発射、女性置いて逃走した男に逮捕状

9月12日(木)11時48分 読売新聞

 愛知県内の東名高速道路上り線を走行中の乗用車が後続のワゴン車にあおられ、エアガンで撃たれた事件で、県警が器物損壊容疑でワゴン車を運転していた40歳代の男の逮捕状を取ったことが12日、捜査関係者への取材でわかった。男はワゴン車を置いて逃走しており、県警が行方を追っている。

 捜査関係者によると、男は8日午前7時頃、同県内でワゴン車を運転中に前を走る乗用車に向けてエアガンを撃ち、車体を損壊させた疑い。

 ワゴン車は約1時間20分後、約40キロ離れた岐阜県瑞浪市の中央道の路肩に燃料切れで停車しているのを岐阜県警高速隊に発見され、隊員が車外にいた男女2人に話を聞こうとしたところ、男が逃走した。

 愛知県警の調べで、車内からエアガン1丁が見つかり、被害車両には弾が当たったとみられる複数の跡があった。ワゴン車は車体番号とナンバーが一致せず、盗難車と判明。また、あおり行為をしていた際と車両発見時ではナンバーも異なっていたという。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「エアガン」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「エアガン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ