「ごみ箱をのぞいてお宝ゲットよ!」 ごみ漁りに生きがいを見出した女性

9月15日(日)15時1分 しらべぇ

ゴミ箱・女性(XiXinXing/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

立派で安定した仕事がありながら、長期の休職を決意し全く違う生き方に喜びを見出している女性がいる。今は驚くような方法で「必要なものを手に入れている」という同女性は、「今やっていることは1日たりとも休みたくない」というほど喜びを感じている。


■シェフとして働いていた女性

米イリノイ州で両親と暮らすある独身女性(35)は、なんとシェフ歴約20年。

にもかかわらず女性はインターネットで話題の動画を見てすっかり感化され、「これは良い!」とシェフとしての仕事を休もうと決意。しばらくは全く別の方法で必需品を無料で入手する方法に挑戦しようと決意した。


関連記事:一目惚れした女性を20年間ストーカーした男 一途すぎる思いに「ドン引き」の声

■ある動画に感化され…

女性を魅了した動画とは、様々な店の大型ごみ容器を漁り、まだ十分に使える物などを次々と入手していくという内容のもの。

最近はこの手の動画がアメリカで人気を博しており、貧しい家庭で育ち物を無駄にすることが嫌だった女性は、「これならやる価値がある」と確信したという。

■ごみ漁りを始めた女性

始めたばかりの頃は人目が気になったというが、それでも初めて挑戦した女性は「十分に利用できるものが確かに多く廃棄されている」と知り驚いたもよう。

幸いにも近所に様々な店が多く並んでいるため、定期的に店に向かい外に置かれているごみ容器をのぞいては、「良い物はないか」と探すようになった。

その結果、毎日のように消費可能な食糧や「売れ残ったから」という理由で廃棄されている家庭用品や化粧品を無料で得ることに成功。わずか半年で200万円以上のお金が浮いたという。


■寄付にも熱心

女性が暮らす地域ではこのような行為は違法ではないため、女性は頻繁にごみ容器を漁るように。

同女性は入手した物の一部を経済的に苦しい女性達が暮らす施設に届けるなどチャリティ活動にも熱心で、来月にはフィリピンを訪問し、かき集めた商品を届ける予定だという。

廃棄された物を漁る行為については様々な見方もあるが、「あさましい」と一方的に軽蔑する前に、使える物を簡単に廃棄するという行為を見直し再利用する方法を模索する道もありそうだ。


・合わせて読みたい→とろサーモン久保田、女性が暴行受ける現場に遭遇 “冷静な対応”に称賛


(文/しらべぇ編集部・マローン 小原



しらべぇ

「ごみ」をもっと詳しく

「ごみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ