<魚梁瀬杉>最後の伐採58本 次は20年後

9月17日(日)14時44分 毎日新聞

伐採予定の魚梁瀬杉(右)。この木を切ることで左の2本の成長が促進される=高知県馬路村魚梁瀬で2017年9月11日、柴山雄太撮影

写真を拡大


 高知の県木に指定されている銘木「魚梁瀬(やなせ)杉」。江戸時代から残るとされる天然杉の伐採事業が、今年度で休止される。計画的に伐採されるのはこれで最後となる巨木を見に、魚梁瀬の山を訪れた。【柴山雄太】


 ■土佐藩が保護


 魚梁瀬杉は高知県馬路村の魚梁瀬地区を中心に分布している。安土桃山時代から良材として知られ、長宗我部元親から豊臣秀吉に献上されていたという。


 江戸時代に入ってからも、魚梁瀬地区の山は土佐藩の「御留山」として保護・管理され、幕府に献上された。現在残っている巨木は、この頃切られた杉の二代目と考えられており、推定樹齢は平均250年だという。


 その後、大正、昭和にかけ、鉄道、自動車と運搬手段を変えながら日本の木材需要に応えてきた。魚梁瀬杉は木目の美しさが特徴で、柱や天井板などに珍重されている。


 ■大木切って成長促進


 四国森林管理局(高知市)では、天然杉のうち、胸の高さで直径が90センチ以上の物を大径木と定義している。天然の大径木は資源の減少から、2015年3月、有識者会議での検討を経て、今年を最後に計画的な伐採を休止することにした。今年の伐採は、他の樹木の成長を促進するための間伐で、大径木の密度が高い国有林の9・25ヘクタールを対象に、直径80センチ以上の58本を切る。9月中旬から伐採を開始し、2カ月乾燥させた後、ヘリコプターで山から運ぶ予定だ。


 ■直径80センチ以上の切り株


 今月中旬、森林管理局の職員と魚梁瀬の森を訪ねた。魚梁瀬地区の中心部から車で約20分。林道に車を止め、山の中を歩く。山のあちこちに、他の植林地とは違う、立派な杉の木が見えた。


 さらに登ると、直径80センチ以上ある大きな切り株が現れた。かつて伐採された跡だという。切り株から登ること約10分。伐採予定の木に行き着く。胸の高さで直径1・2メートル、高さは37メートル。その根元からは2本の杉が伸びている。元々別に生えていた杉を、伐採予定の杉が巻き込んだとみられるという。


 2本が受ける日光は現在、木の上に何も無い場合の2割程度しか無いため、成長が阻害されている。大木を切ることで、残る2本の成長が促進される。


 ■技術の継承課題


 今回、伐採が休止されることで今後、大径木の供給はしばらく無くなる。人工林の杉が直径50センチ以上になる樹齢130年を迎えるまで、20年ほど残っているという。


 それまでの間は天災に遭った木や、弱った木、文化財などの需要があった場合にのみ、大きな天然杉が切られることになる。この20年間に大径木の伐採技術をどう継承していくかは、今後の課題だという。


 今回の58本は、特に用途が定まっておらず、高知市内の木材市場に出荷される。伐採を担当する同局の吉良康・企画官は「実際のところ、どれくらい需要があるかは分からない」としつつも「後世に残る物に使われてほしい。魚梁瀬杉が全国の寺社仏閣や文化財に使われたらうれしいですね」と期待していた。

毎日新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

伐採をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ