台風18号、兵庫・明石市付近に再上陸

9月17日(日)22時43分 TBS


 大型の台風18号は17日午後10時ごろ兵庫県に再上陸し、速度を上げながら西日本を縦断しています。
 気象庁によりますと、大型の台風18号は17日午後10時ごろ、兵庫県に再上陸しました。これまでに大分県や兵庫県、京都府などでは猛烈な雨が降り、高知県で女性が転倒し重傷を負うなど被害も出ています。台風はこのあと、北陸から北日本の日本海側を発達しながら北東に進む見込みです。

 19日午前0時までに予想される24時間雨量は、多いところで北海道が250ミリ、東北が180ミリなどとなっています。気象庁は、暴風やうねりを伴った高波、大雨に厳重な警戒を呼びかけています。

 台風18号の影響で、関東地方でも明け方にかけて激しい雨が降り風も非常に強くなる見込みです。

 大型の台風18号の影響で関東地方では大気の状態が非常に不安定になり、18日の明け方にかけて雷を伴い、激しい雨が降る見通しです。局地的には1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあるほか、最大瞬間風速35メートルの風が吹くと予想されていて、気象庁は低い土地の浸水や河川の増水・氾濫に警戒を呼びかけています。

 台風の影響で空の便の欠航が相次いでいます。18日は東北や北海道を発着する便を中心に全日空が114便、日本航空が58便の欠航を決めています。(18日00:04)

TBS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

台風をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ