今田耕司も仰天した前澤友作氏の「アナザースカイ」ドタキャン

9月18日(水)16時0分 文春オンライン

 9月12日、株式会社ZOZOの社長と取締役の辞任を発表した前澤友作氏(43)。前澤氏は、日本テレビの人気番組「アナザースカイ」に出演する予定だったが、撮影を直前にキャンセルしていた過去があった。



「社員は家族」と言っていた前澤氏 ©文藝春秋


 前澤氏は、交際中の女優・剛力彩芽(27)が昨年10月に出演した「アナザースカイ」の撮影に同行したという。


「剛力さんの撮影はパリで行われましたが、渡航の際に前澤さんのプライベートジェットを使った。そこで、前澤さんは『俺も出たいな』とスタッフに言って、前澤さんの回をハワイを舞台に作ることになりました。司会の今田耕司さんもハワイに行き、撮影する予定でしたが、撮影の直前に前澤氏がドタキャンした。今田さんも驚いていました」(日テレ関係者)



 前澤氏は、小誌の取材に、こう語る。


「会社として重要事実を持つ可能性が出たため、撮影前に申し入れ、撮影自体を中止してもらいました。実際に撮影のロケ現場までカメラの方々やディレクターの皆さんに来ていただいて心苦しかったんですけども、お断りしたというのが事実ですね」



 会社としての重要事実とは、何だったのか。


 9月19日(木)発売の「週刊文春」では、多額の借金問題、持ち株をZOZOに買わせ生じた約80億円の含み損、株価下落と別荘地売買を巡るトラブル、剛力彩芽や他の“事実婚の妻”との関係など、前澤氏の人物像とZOZO売却に追い込まれた背景を詳報する。



(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年9月26日号)

文春オンライン

「アナザースカイ」をもっと詳しく

「アナザースカイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ