マブチモーター社長の妻ら殺害、小田島死刑囚が病死

9月18日(月)1時0分 TBS


 2002年に当時のマブチモーター社長の妻と長女を殺害した罪などに問われた小田島鉄男死刑囚が、東京拘置所で死亡したことがわかりました。病死だということです。
 法務省によりますと、小田島鉄男死刑囚(74)は、かねてから食道がんを患い治療中でしたが、16日午後10時半ごろ、東京拘置所の医師が死亡を確認したということです。死因は「食道がん」と診断されています。

 小田島死刑囚は2002年、千葉県松戸市でほかの死刑囚と共謀して当時のマブチモーター社長の妻と長女を殺害し、自宅を放火するなど、3つの事件で合わせて4人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われ、2007年に死刑判決が確定していました。(17日14:09)

TBS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

死刑囚をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ