北海道にも台風が接近? 雨や風はこれからピークに 雨の後は寒さに注意

2022年9月19日(月)11時50分 tenki.jp

北海道付近には、昨日(18日)から前線が停滞し、道内の広い範囲ですでに雨が降っています。今後、明日(20日)にかけて前線が停滞し、台風が温帯低気圧に変わりながら近づいてくる予想で、北海道での雨や風はこれからがピークとなりそうです。なお、雨がやんだ後は上空に寒気が流入し、急激に気温の下がる所が多くなる見込みです。

雨や風のピークはこれから

今日(19日)昼前の道内は、道北などで雨が降っているものの、降り方は広く小康状態となっています。今後、雨の範囲は次第に広がり、全道的に雨となるでしょう。雨のピークは今夜から明日の昼頃にかけてで、雷を伴って1時間に30ミリから40ミリと激しい雨の降る恐れがあります。
予想される雨量は以下の通りです。
明日20日 正午までの24時間雨量(多い所)
太平洋側 150ミリ
日本海側 120ミリ
オホーツク海側 120ミリ
明後日21日 正午までの24時間雨量(多い所)
太平洋側 50〜100ミリ
オホーツク海側 50〜100ミリ
日本海側 およそ50ミリ
また、風も次第に強まって、太平洋側では非常に強く吹く所もある見込みです。沿岸を中心に横なぐりの雨となることもあり、車の運転は風によってハンドルを取られてしまうことも考えられます。強風にも十分な注意が必要です。
なお、前線の活動の程度や台風の動きによっては警報級の大雨となる恐れがあります。最新の気象情報や自治体からの情報などに十分注意してください。
また、雨や風のピークは夜からということで、強まりきっていない今のうちに非常用品の確認をしたり、ハザードマップをチェックしておいたりなど、もしもの時の備えを行うようにしてください。

寒気が流入 雨の後は寒さに注意

明日(20日)の昼頃には西から雨がやみ、晴れ間の戻る所が多くなる見込みです。道東方面は夕方まで雨が残りますが、夜には広くやんでくるでしょう。
なお、雨がやんだ後は上空に寒気が流れ込み、気温が右肩下がりとなる見込みです。明日(20日)の予想最高気温は、広く15度前後と、10月中旬から下旬並みの寒さとなる所が多くなるでしょう。ムシムシした気温から一気に寒くなるため、上着を1枚多めに羽織るなど服装選びに注意し、気温変化で体調を崩さないようにしてください。

tenki.jp

「雨」をもっと詳しく

「雨」のニュース

「雨」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ