TBS「偏向報道」に対して500人抗議デモ

9月22日(金)16時1分 まいじつ


Renoir / PIXTA(ピクスタ)



9月19日、TBSが日本テレビの25週連続平均視聴率“週間三冠王”という記録にストップをかけ、2015年12月以来の首位をもぎ取った。日本テレビは全日(午前6時〜深夜0時)とプライム(午後7時〜11時)では、いまなおトップを走っているが、一角のゴールデン(午後7時〜午後10時)にTBSが食い込んだ。


【関連】 滝川クリステルがTBS新番組で「司会復帰」する裏事情


「TBSの勝因は、『TOKIO』の長瀬智也主演のドラマ『ごめん、愛してる』が踏ん張ったことと、『爆報!THEフライデー』が好調をキープしていることです。特に長瀬のドラマは最終回に12.8%という最高の平均視聴率をマークしました。徐々に視聴率が落ちて、尻すぼみになるドラマが多いなかで大健闘と言えるでしょう。一方、日本テレビは期待されていた『ワールドグランドチャンピオンズカップ2017』(グラチャンバレー)の中継が振るわなかったことが敗因です」(芸能記者)


かつて、バレーボール中継は高視聴率を期待できる有望なコンテンツだったが、日本代表チームの長期にわたる低迷、さらには華やかな女子ではなく男子という部分、さらには1週間の放送期間で視聴者の興味を維持させることが厳しかったようだ。


一方、久しぶりのゴールデン奪還にTBSの編成局には喜びの声が広がったというが、実は手放しでは喜べない裏の事情もある。



TBSがフジテレビの二の舞に?


「9月9日にTBSの報道が偏向しているとして、赤坂のTBS本社付近で約500人が抗議デモを行いました。デモ団体は『TBSの印象操作を許さないぞ!』などとシュプレヒコールを上げて、かなりの規模でした。報道内容に対しては、一般の視聴者からも度々クレームが入っており、今回のデモは一部の人たちがやったことと安易に捉えていると、かつてのフジテレビの二の舞いになりかねません。今後、デモからインターネットへ炎上が広がれば、一気にイメージダウンする可能性があります。そのため、TBSの上層部は戦々恐々としています」(同・記者)


偏向報道といえば、9月17日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、司会の関口宏が北朝鮮のミサイル問題について「確かに北朝鮮だけで考えるならば、ものすごくいいことをしているように見えますが…」などと発言し、早くもネット上では批判が広がっている。


「一方的にミサイル発射を繰り返す国家の立場にわざわざ立って、擁護する必要があるのか」という疑問の声をTBSの番組制作者はどう考えているのだろうか。


TBSが次に目指すのは視聴率三冠王だが、その陰で、いつ爆発するかもしれない爆弾を抱えているのも事実。今後のTBSの報道姿勢が問われるだろう。



まいじつ

「TBS」をもっと詳しく

「TBS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ