顔や体にタトゥーを彫られた猫 タトゥー狂の飼い主から逃げ出す

9月22日(日)18時21分 しらべぇ

猫(castenoid/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

タトゥーにはまる人が増加する中、自分のペットにまでタトゥーを彫り入れ喜んでいる人がいるという。あるブロガーも猫に多数のタトゥーを彫り入れ大変満足していたというが、猫にとっては決して良い飼い主ではなかったようだ。


■猫にまでタトゥーを…

ブロガーとして人気を博しているあるロシア人男性は、タトゥーが好きでたまらないとのこと。

そこで「悪魔」という意味の名を付けて「6年も大事に飼育していた」という飼い猫にもタトゥーを彫り入れることにしたといい、まるで体毛のない猫の顔や体に大きなタトゥーをいくつも彫り、誇らしげに公開していた。


関連記事:飼い猫20匹を殺害、燃えるゴミで処分した男が書類送検 「許せない」と非難殺到

■車の窓から逃げ出した猫

その猫を車に乗せて外出したという男性だが、窓が少し開いていたこともあって猫はそこから身を乗り出し、瞬く間に逃げだしたとのこと。

あっという間に猫が姿を消したことに気付いた男性は大変なショックを受け、「熊やオオカミなどが生息する森の中に猫が迷い込んだのではないか」と酷く心配しているという。

■「心配で飲食もできず…」

猫が逃げてからすでに何日も経過しているとあって、男性はずいぶん憔悴しているとのこと。

あちこちを歩きまわり猫の名を呼びながら探しているといい、今は猫が心配で食事も喉を通らず、不眠症のような状態にまで追い込まれていることも明かしている。

この件を知ったブロガー仲間たち15人が集結し捜索活動に加わったというが、猫はまだ見つかっていない。


■動物愛護活動家たちの怒り

すっかりあきれた様子なのは、動物愛護活動家たちだ。「タトゥー猫」が世間の注目を集めた際には「飼い主の勝手でなんてことを!」「Noと言えず選択肢を与えられていない動物に対する虐待行為にほかならない」と痛烈に批判。

「猫の体にどのような影響があったかは分からない」「あまりにも可哀想」という声も少なくはなかった。

猫への熱い思いを語り「つらい」と話す男性だが、ドクロなどをでかでかと体に彫り込まれ顔にまで無理やりタトゥーを彫られた猫は、どれほど怖く痛い思いをしたのだろうか。「もし猫が無事に発見できても男性には引き渡さないほうが良い」という声もある。


・合わせて読みたい→中国で初のクローン猫が誕生 世界的有名歌手も利用で依頼者は急増


(文/しらべぇ編集部・マローン 小原



しらべぇ

「タトゥー」をもっと詳しく

「タトゥー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ