今井絵理子「防災担当」政務官に浴びせられた“秀逸”な罵詈雑言集

9月27日(金)10時31分 まいじつ


(C)G-Stock Faces / Shutterstock



防災関連、IT関連、男女共同参画関連を担当する内閣府政務官に就任した今井絵理子参院議員に対し、辛らつな意見が向けられている。批判の原因は先日起きた台風15号の被害状況の視察に千葉県内を視察したときに起きた。


【関連】今井絵理子議員の政務官就任に大ブーイング「日本終わってる…」ほか


去る9月19日に停電と断水が長期化する君津市と富津市を視察した今井議員は「停電や断水で多くの方が不自由されていることと思う。課題があれば何なりと教えてもらいたい」とコメント。千葉県庁では岡本和貴・県防災危機管理部長と面会し、女性や障害のある人への支援に課題を感じたと振り返り「被災者の声を聞かせていただき、政府一丸となって(復旧に)取り組む」と語った。


しかし、被災者と直接会話をする場面はほとんどなく、複数の被災地を一気に回る視察だったという。しかも、いかにも今日初めて下ろしたと一目で分かる防災服を身にまとい、髪の毛は金髪に近い茶色でバッチリメーク。被災者からは「何しに来たんだ」とブーイングだったそうだ。


これがネットメディアで報じられると、匿名掲示板からはこんな声が上がった。



《知識と教養がないのに周りにはやし立てられた勘違いバカの成れの果て》

《ほんとバカだよね。ウソでも地味にしとけばイイのに》

《現地にはまだ死に物狂いで不便と戦ってる人がたくさんいるからね きれいなカッコできれいなメークして色物議員が来たらそりゃムカつくわな》

《女性の視点に立って仕事するってコメントしていたけど、何勘違いしてるんだろ。すべての住民の視点に立って考えなくちゃいけないポジションなんだよ、そこは》



など、非難ばかりが投稿されてしまった。


 


そんなことなら中学生でも言える


こうした批判が聞こえたのか今井議員は21日にツイッターを更新。新たに発生した台風の接近を伝えた後に、



《備えをしっかりとしておいてくださいね。佐賀や千葉で被災された方々にとっては不安を感じることと思います。どうか気を強く持っていただきたいと思います。また、復旧活動をされている皆さん、くれぐれもご注意ください》



と注意を呼び掛けたが、リプライ欄には〝反発の声〟ばかりが送られてしまった。



《気を強く持ては、当事者であるあなたが言う言葉ではない》

《「備え」をしなくちゃいけないのは国の方なんだよ。何も分かってない人間を担当にしちゃいけないという見本だね》

《中学生でも言えるようなことは良いので「備え」とは具体的に何? くれぐれも「何に」注意するの?》

《被災者に備えよって、今、そんな状況じゃないでしょ!! 一刻も早く、災害対策本部を設置して、備えてください!!》



単に自民党の参院議員であれば、ここまで批判されなかったかもしれないが、今井議員は現在、対策を講じる政府の一員。しかも防災担当の政務官である。まずは自分の役割を自覚し、ガンバってほしいものだ。


 


【画像】


G-Stock Faces / Shutterstock


まいじつ

「今井絵理子」をもっと詳しく

「今井絵理子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ