都心 3週間ぶり湿度40パーセント台

9月30日(金)14時18分 tenki.jp

東京の最小湿度は41%と、3週間ぶりに40%台に。宇都宮は約1か月ぶりに40%を切りました。関東地方は雲は多めながらも、久しぶりに乾いた空気に包まれています。

空気がカラリ

きょうの関東地方は雲が多めながらも、朝から時々晴れ間が出ました。東京都心の午後1時までの最小湿度は41%と、3週間ぶりに40%台まで下がりました。大手町ではこの秋初めてアキアカネの姿も。そのほか、千葉市は29日ぶりに40%台に、宇都宮は29日ぶりに30%台まで下がり、関東は久しぶりに広い範囲で空気がカラリとしています。

このところ関東地方は気温も湿度も高く、ムシムシした日が続いていました。秋雨前線が関東よりも北側にあり、夏のような蒸し暑い空気に包まれていたためです。きょうは、この秋雨前線が南下し、秋の乾いた空気に入れ替わりました。

カラリから再びムシムシへ

ただ、この「空気カラリ」は一時的。あす以降は再び前線が北上します。日曜日からは再び気温も湿度も上がり、ムシムシ感が戻ってきそうです。

tenki.jp

「湿度」をもっと詳しく

「湿度」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ