猛烈な勢力の台風25号 5日(金)に沖縄直撃 3連休は日本海へ

10月2日(火)16時33分 ウェザーニュース


2018/10/02 16:55 ウェザーニュース

台風25号(コンレイ)は2日(火)15時現在、フィリピンの東の海上にあって西北西に時速15kmで進んでいます。中心気圧は915hPa、中心付近の最大風速は55m/sと猛烈な勢力です。


▼台風25号 10月2日(火) 15時現在
 存在地域   フィリピンの東
 強さ階級   猛烈な
 移動     北西 15 km/h
 中心気圧   915 hPa
 最大風速   55 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 75 m/s

衛星画像では小さく明瞭な台風の目が確認できるように、発達の最盛期を迎えています。

5日(金)頃に先島諸島を直撃

台風はこの後、若干勢力を落としながら北西に進み、5日(金)頃には非常に強い勢力で先島諸島を直撃する恐れがあります。勢力を落とすと言っても中心付近の最大瞬間風速は60〜65m/sと予想されますので、厳重な警戒が必要です。

その後は本州方面へ接近も

先島諸島を通過した後は東シナ海を北上、ジェット気流に乗る形で段々と東に進路を変える見込みです。現時点で、進路を変えるタイミングは、世界各国の気象シミュレーションモデルごとに違いはあるものの、日本海に進んで北日本に近づく可能性が高くなってきています。全国の広い範囲で南よりの風が強まりやすい進路ですので、3連休中は台風の進路に注意が必要です。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
台風25号のコンレイ(Kong-rey)は、カンボジアが提案した名称で、伝説に登場する少女の名前/山の名前です。


ウェザーニュース

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ