消費増税で高まる重税感 氷河期世代は「税金が高い」と不満色濃く

10月3日(木)12時1分 しらべぇ

財布(maroke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

10月1日、消費税が10%にアップ。庶民の生活は、ますます苦しくなるだろう。今後税率のアップはないと見られているが、走行税など新たな税金の導入を目指しているとの情報もある。

税金ばかりがアップし、労働者の賃金は増えないのが現状。高まる負担に、不満を募らせている人は多いのではないだろうか。


■日本は税金が高すぎる?

しらべぇ編集部では全国の20〜60代の男女1,589名に税金について意識調査を実施。

結果、「日本は税金が高すぎる」と答えた人は56.0%。半数以上の人が、現在の税制を「高すぎる」と感じている。


関連記事:ああ4万円!ほぼ全員が「高い」と嘆く税金、きょう納付期限

■氷河期世代が高め

税金が高すぎると感じている人を年代別に見てみよう。

いわゆる就職氷河期世代の40代が最も高く、60.8%となっている。バブル世代のツケをモロに受け、就職難で苦労した40代は「税金が高すぎる」と感じている様子。

一方60代は49.5%と割合が低め。生活に余裕がある人が多いのだろうか。


■支持する人の声は?

現在の税制を支持していると話すのは、60代のIさんだ。

「高齢化社会が進むなかで、医療費が莫大になっている。また福祉サービスも充実していない。特に介護分野については今後なんとかしていかなければならないと思う。


消費税は福祉サービス充実のために10%にしたはず。我々が適正なサービスを受けるために使われるのなら、致し方ないのでは」


■不満を見せる人も

一方不満を見せるのは40代のMさん。

「税金を上げる前に政治家の削減や無駄な事業の見直しなどをするべき。むやみやたらに国民に負担を強いて、政治家や公務員が数千万円の報酬をもらっているのでは納得できない。


とくに消費税は税率アップで集めた金の使い道が全く明確になっていないし、金持ち庶民関係なく平等に税金を取られることに我慢がならない。


そもそも消費増税は民主党政権が決め、自民党も同調したもの。どの政党が政権をとっても、廃止や下げるという議論にはならないのも不満です。国民の生活を守ってほしい」


不満を持つ人が多い日本の税制。「ただ上げる」のではなく、しっかりとした使い道の提示を行ってもらいたい。


・合わせて読みたい→ファミレスで友人たちの会計を立て替えたら… その後の対応に悲しくなる


(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年2月1日〜2019年2月4日

対象:全国20代〜60代の男女1,589名 (有効回答数)

しらべぇ

「税金」をもっと詳しく

「税金」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ