クレヨンしんちゃんが独立運動に? カタルーニャとの「意外な縁」

10月8日(日)7時0分 J-CASTニュース

独立旗を掲げる野原しんのすけ。カタルーニャ独立を支持するユーザーのブログより

写真を拡大

スペインからの「独立」問題で揺れるカタルーニャ州をめぐり、1枚のイラストが注目を集めている。


カタルーニャ独立運動を象徴する、黄・赤・青に白星の「アスタラーダ」旗。それを掲げているのは、なんと日本の漫画・アニメ「クレヨンしんちゃん」の主人公、野原しんのすけ!?



「しんちゃんも私たちの仲間!」



もちろんこの画像は、勝手に合成したり創作したりしたもののようだ。しかし「catalunya independent(カタルーニャ独立)」と書き込まれた、この画像がツイッターで紹介されると、「しんのすけがカタルーニャ独立のシンボルになってる!?」と、日本のネット上で大きな話題を集めた。



いったいどういうことなのか?



スペイン北東部の自治州・カタルーニャは、古く「アラゴン=カタルーニャ連合王国」として大きな勢威を誇ったこともあり、今なお独自の言語「カタルーニャ語」や文化を持っている。2010年代に入ってスペインからの独立運動が盛んになり、2017年10月1日、州政府がその是非を問う住民投票を実施したことをきっかけに、緊張が続く。



問題の「しんのすけ」の画像は、少なくとも2006年には存在していたことが確認できる。カタルーニャ独立を支持するウェブサイトなどで転載を重ねられ、「カタルーニャ人のためのブログ」と名乗るあるブログでは、「しんちゃん(Shin Chan)も私たちの仲間!」という言葉を添えて掲載されている。



また、「Shinnosuke」を名乗るあるツイッターユーザーは、上記とは別のアスタラーダ旗を掲げたしんのすけのイラストを自らのアイコンとし、カタルーニャ独立に関わる話題を大量にツイート・リツイートしている。その中には、しんのすけとスペインのラホイ首相を並べて「どっちが理想的?」と問うアンケートも。5日現在、しんのすけが124対2で圧倒中だ。



また、2013年にバルセロナで行われた独立派の集会でも、さらに別のデザインの、しんのすけTシャツを着た参加者がいたことが確認できる。いずれも上記と同じく、公式と関係なく勝手に作成されたものとみられる。




カタルーニャでは「Shin Chan」は大人気作



日本ネットで言われているような「独立運動のシンボル」は少し大げさのようだが、「外国」のキャラであるしんのすけが、このような場面で使われること自体、日本人からすると不思議な現象ではある。



背景としては、アニメ「クレヨンしんちゃん」が現地で占める、独自の地位がある。



カタルーニャ語を含む少数言語は、フランコ将軍による独裁時代、使用を制限されていた。その後、民主化によって公用語としての地位を獲得したのだが、こうした歴史もあって、特にカタルーニャ州では、「自分たちの言葉」への地元の人々の思い入れが非常に強い。当然、独立運動のスローガンなどにも、使われるのはカタルーニャ語である。



そんな中、日本のアニメはカタルーニャなどの自治州で放送されるとき、多くの場合スペイン語ではなく、地元の言葉で吹き替え放送された。



「クレヨンしんちゃん」もその一つだ。2001年に「Shin Chan」のタイトルでカタルーニャ語での放送が始まるや子どもたちの爆発的な人気を呼び、その影響力の大きさから州議会で「子どもが見にくい時間に放送時間をずらすべきだ」という議論まで出た。2003年には劇場版「クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡」が封切られたが、この際州内では、通常並行して上映されるスペイン語版吹き替えが用意されず、すべての映画館でカタルーニャ語吹き替えで上映され、異例の出来事として評判を呼んだという。地元サッカーチーム・エスパニョールに中村俊輔選手が2009年移籍した際には、「しんちゃん」に引っ掛けた「シュンチャン」がニックネームとなったほどだ。



慣れ親しんだ地元の言葉をしゃべる、しんのすけらアニメのキャラは、日本人の想像以上にカタルーニャの人々にとっては身近な存在なのだ。独立運動への「登場」には、そうした経緯がある。



なお独立派のサイトではほかにも、「マジンガーZ」や「ピカチュウ」「アラレちゃん」「ドラえもん」「孫悟空」といったキャラがカタルーニャ独立の旗を掲げているイラストが確認できる。

J-CASTニュース

「カタルーニャ」をもっと詳しく

「カタルーニャ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ