<岐阜バーベキュー殺人>被告に懲役15年 発達障害考慮

10月10日(水)21時17分 毎日新聞


 岐阜県瑞浪市で昨年5月、バーベキュー中の隣人を刺殺し、その友人に重傷を負わせたとして、殺人と傷害の罪に問われた無職、野村航史被告(27)の裁判員裁判で、岐阜地裁(菅原暁裁判長)は10日、懲役15年(求刑・懲役25年)の判決を言い渡した。「犯行の危険性は高い」と批判しつつ、量刑で発達障害の影響を考慮した。


 判決によると、野村被告は昨年5月7日午後6時半ごろ、友人家族らとバーベキューをしていた会社員、大脇正人さん(当時32歳)の左下腹部を包丁で刺して殺害し、会社員男性(43)の右腕も刺して重傷を負わせた。


 判決は殺意の強さを認定し、遺族の処罰感情の厳しさに触れた。一方、アスペルガー症候群による聴覚過敏があったとして「子どもの声を聞いて、小学校時代にいじめられた体験や母に包丁を向けられた体験がフラッシュバックし、ストレスが許容量を超え、声を止めようと包丁を持ち出した」と指摘した。成育過程に一定の同情ができるとも述べた。


 これに対し、遺族らは弁護士を通じて「判決は到底納得できるものではない。被告自身が、なぜ事件を起こしたか真摯(しんし)に向き合ったとは思えない」とコメントした。【横田伸治】

毎日新聞

「バーベキュー」をもっと詳しく

「バーベキュー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ