北陸 台風19号 大雨と暴風に要警戒

10月10日(木)17時45分 tenki.jp

大型で猛烈な台風19号は、10日(木)15時現在、父島の南西約410kmを北上しています。このあと、台風は12日(土)から13日(日)にかけて東海から関東に接近または上陸のおそれがあります。北陸地方でも、大雨や暴風に警戒が必要です。

北陸 台風19号 大雨と暴風に要警戒

北よりの暴風に要警戒

台風19号は12日(土)夜に、非常に強い勢力で北陸地方の南を通過するおそれがあります。
風は北よりで、12日(土)未明から次第に強まり、13日(日)の朝にかけて沿岸部を中心に暴風となる予想です。
外では立っていられないほどの暴風となるおそれがありますので、不要不急の外出は控えてください。

2017年10月の台風21号と同じような進路をとる可能性があります。台風21号接近時は北よりの暴風により、富山港では外国貨物船が座礁する被害がありました。
また、北陸の広い範囲で大雨となり、石川県の梯川では一時氾濫危険水位を超過したほか、各地で停電や農業被害も多く発生しました。
今回の台風19号でも厳重な警戒が必要です。

北陸地方の警戒期間

台風19号に伴う、雨・風・波はいずれも12日(土)未明から次第に強まり、13日(日)の昼前にかけて厳重な警戒が必要です。
それぞれのピークは12日(土)夕方〜13日(日)明け方で、警報級となる可能性があります。

夜の行動は危険が高まりますので、避難時に備え、近隣の建物や道路を再確認し、避難場所やそこまでのルートも把握しておきましょう。あわせて、マンホールや用水路の場所も確認しておくとよいでしょう。

情報は定期的に更新されますので、こまめに最新情報を確認し、早め早めから防災対策を行うようにしてください。

※文章の一部を変更しました。

tenki.jp

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ