あす夕にも東海・関東上陸か=台風19号、非常に強い勢力—記録的大雨に厳重警戒

10月11日(金)13時6分 時事通信

 大型で非常に強い台風19号は11日午前、小笠原諸島・父島の西海上を北上した。12日夕方から夜に勢力を維持したまま東海や関東に接近して上陸する可能性が高く、記録的な暴風や大雨、猛烈なしけが予想される。気象庁の梶原靖司予報課長は記者会見で「状況によっては大雨特別警報を発表する可能性がある」とした上で、「早めの避難、安全確保を」と呼び掛けた。
 東・西日本の太平洋側では11日から風雨が強まり、海上は大しけとなる。12日から13日は東海や関東を中心に記録的大雨になり、土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水が起きる恐れがある。落雷や突風にも注意が必要。19号は13日朝には三陸沖へ抜け、その後、北海道の南東海上で温帯低気圧に変わる見込み。
 19号は11日正午、父島の西北西約450キロの海上を時速25キロで北北西へ進んだ。中心気圧は925ヘクトパスカル、最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートル。東側370キロ以内と西側280キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、東側750キロ以内と西側650キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 12日にかけて予想される最大瞬間風速は関東甲信と東海60メートル、近畿45メートル、東北40メートル、北陸と四国、中国、九州北部、小笠原諸島35メートル、北海道と九州南部30メートル。波の高さは関東と東海、伊豆諸島13メートル、近畿と小笠原諸島10メートル、東北と四国9メートル、北陸と中国、九州、奄美、沖縄6メートル、北海道4メートル。
 12日正午までの24時間予想雨量は多い所で、東海500ミリ、伊豆諸島300ミリ、関東甲信と近畿250ミリ、四国200ミリ、東北100ミリ。その後、13日正午までの同雨量は、東海600〜800ミリ、関東甲信と北陸300〜500ミリ、東北と伊豆諸島300〜400ミリ、近畿と中国200〜300ミリ、北海道と四国50〜100ミリ。 

[時事通信社]

時事通信

「台風」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ