「避難勧告を待たずに緊急に避難を」大雨特別警報で気象庁

10月12日(土)16時52分 毎日新聞

濁流となった早川=神奈川県箱根町湯本で2019年10月12日午後1時35分、澤晴夫撮影

写真を拡大


 気象庁は12日、大雨特別警報の発表を受けて記者会見し、「ただちに命を守るために最善を尽くす必要のある警戒レベル5に相当する状況」と指摘した。「自分の命、大切な人の命をまもるため、避難勧告を待つことなく、緊急に避難してほしい」と呼びかけた。


 気象庁はさらに「あらかじめ指定された避難場所に向かうことにこだわらず、川や崖から少しでも離れた頑丈な建物の上層階に避難するなど安全を確保することが重要。それすら危険な場合は山と反対側の2階以上の部屋へ避難を」と注意。「今後ほかの市町村にも大雨特別警報を出す可能性もある」と話した。また、避難する際は周囲の状況を十分に確認してほしいと呼び掛けた。

毎日新聞

「大雨」をもっと詳しく

「大雨」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ