五十鈴川などあふれ住宅など床下浸水 三重・伊勢

10月12日(土)16時42分 毎日新聞


 三重県南部では11日夜から雨が降り続いた。気象庁によると、12日午後3時半までの24時間雨量は、志摩市で観測史上最大となる403・5ミリを記録したのをはじめ、鳥羽市290ミリ、伊勢市245・5ミリなどの雨が降った。


 伊勢市では12日午前、伊勢神宮内宮(ないくう)近くを流れる五十鈴川と支流の矢田川が警戒レベル4となった。楠部町周辺では、住宅の床下浸水や、車数台が天井近くまで水につかるなどの被害が出た。


 市消防本部によると2世帯計4人が浸水した自宅に取り残され、消防隊員によってボートで救出された。いずれもけがはなかった。【森田采花】

毎日新聞

「伊勢」をもっと詳しく

「伊勢」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ