大雨特別警報とは 「数十年に1度」の大雨

10月12日(土)15時47分 毎日新聞

気象庁が入るビル=高添博之撮影

写真を拡大


 ◇大雨特別警報とは


 「数十年に1度」の大雨が降り、重大な災害発生の危険性が高まった時に気象庁が出す。48時間か3時間に降った雨量、加えて地中にたまった雨量が一つの県程度の範囲で50年に1度の値を超え、さらに雨が降り続くと予想される場合などに発表される。

毎日新聞

「大雨」をもっと詳しく

「大雨」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ