千葉また強風被害…突風で軽トラ横転、男性が死亡

10月12日(土)21時3分 読売新聞

 台風15号で大きな被害を受けた千葉県では再び、強風による被害に見舞われた。

 千葉県市原市では12日午前8時10分頃、竜巻とみられる突風が発生。軽トラックが横転し、運転していた男性(50)が死亡。下野地区と永吉地区などでは12棟が全壊するなどし、子供3人を含む計8人が負傷した。永吉地区に住む主婦(78)は「ゴーという轟音ごうおんとビシビシという音が聞こえた。テレビを見ていたら突然停電し、とても怖かった」と話した。

 同県の避難所では、住民らが不安を募らせた。館山市の県南総文化ホールなどには同日、1000人以上の住民が身を寄せた。部屋に入れず、廊下や階段の踊り場で横になる住民も。避難した主婦(56)は「自宅は壊れていて身の危険を感じるので避難したが、家はもうもたないかもしれない」と力なく語った。

 台風15号で住宅被害が相次いだ鋸南きょなん町では12日、あちこちの住宅でブルーシートが強風でめくれ上がり、屋根の下地があらわになった。

 東京電力パワーグリッド千葉総支社によると、12日朝、千葉県では一時、最大約77万3400軒の停電が発生したが、10分後にはおおむね解消した。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「死亡」をもっと詳しく

「死亡」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ