「オヤジ的政局報道」から政治家の本性を見破る方法

10月13日(金)7時0分 文春オンライン

「政局」や「政局報道」は軽視されがち、馬鹿にされがちである。たしかに政策論争そっちのけで政局(オヤジ政治)に励み、それをテンション高めに報道(オヤジジャーナル)する構図には辟易としてしまう方もいるだろう。


 しかしそこに政局があるならやっぱり見るべきなのだと私は思う。永田町の非日常シーンでどういう振る舞いをするかで、その政治家の本性が見えるからだ。唐突な「大義」だってまさにそう。


「小池新党は駆け込み寺」という本音


 小池百合子氏が希望の党代表になることがわかった翌日。民進党を離党し、新党に合流する衆院議員の言葉が載っていた。


《安倍対小池の戦いとなり、民進は埋没する。『駆け込み寺』になんとか駆け込めた》(朝日新聞 9月26日)


 ああ、「駆け込み寺」とマスコミが喩えで使っていたら、自分たちも本当に「駆け込み寺」と言ってたんだ。


政策論争と一緒に注目しておきたい「政局記事」 ©getty

 当時の民進党執行部のコメントは読売新聞(9月28日)。「中堅・若手は民進党を批判し、解党だ、離党だと騒ぐが、自分もダメな民進党の一員だったことをどう考えているのか」


 小泉純一郎氏の講演(9月27日)での言葉も紹介されていた。


《権力闘争というのは、想定外が起こるんだ。政界、今日の敵はあすの友。ある時が来ると、政策なんてどっちでも良くなっちゃう》(読売新聞 9月28日)


「政策なんてどっちでも良くなっちゃう」ってひどいが、この言葉は今回の与野党の振舞いにピッタリ。


「政策なんてどっちでも良くなっちゃう」©杉山秀樹/文藝春秋

朝日・毎日が大義を突けば、読売・産経は「希望の党」を突く


 産経新聞の9月29日の見出しは、


「民進『解党』なのに高揚」


 安倍政権を応援する産経おじさんから見た「皮肉」「嫌味」も加味すべきであるが、この時期の民進党議員の説得力の無い「政権交代へのテンション」をうまく表現していた。


 面白かったのは、民進党が希望の党に合流と報道され「自民党と一騎打ちか?」と思われたこの時期の各紙の「小言」である。


 読売新聞は1面で「政党政治の否定だ」(9月29日)と政治部長のコラムを載せた。


《しかしこれほど露骨な「当選ファースト」は、たとえ政権交代が目的であっても限度を超えている。》


《希望の党の政策は「消費税凍結」や「原発ゼロ」といった大衆迎合的な項目が並ぶ。》


 この1週間前までは「解散の大義がない」という首相へのツッコミが朝日や毎日、東京新聞にあふれたが、希望の党の大義のなさには読売、産経が声をあげる。つまり与党も野党も大義がないことがわかる。


毎日怒っている「日刊ゲンダイ」


 タブロイド紙もアツかった。政治に対して毎日怒っている「日刊ゲンダイ」は、当初は「寄せ集め ポンコツ新党の正体」と新党に冷ややかだったが(9月26日付)、小池氏が前面に出てからは「野党は悪魔とでも組む覚悟が必要」(9月28日付)と一面で説いた。悪魔とは小池百合子氏のことだ。


いつも怒っている「日刊ゲンダイ」

 そして小池氏のあの「リベラル排除」発言が出ると、


「混乱 失速 候補ゴミ溜め」(10月5日付)


 と呆れと怒りを一面でぶつけた。そして、


「極右の主導権争いにしていいのか、この選挙 二人の悪魔対決というグロテスク」(10月6日付)


 二人の悪魔とは、安倍首相と小池氏である。まさかの悪魔解散だった!?



プロレス目線 東スポは政局でも元気!


 一方、「排除」発言で一気に「排除される側」が注目された。民進党のリベラル派の面々。


 東京スポーツはこう書いた。


「民進はぐれ軍団の行方」(9月29日)


 は、はぐれ軍団!


 これは昭和のプロレス黄金期に東スポが使用していた「国際はぐれ軍団」を彷彿とさせるキャッチフレーズである。東スポ、政局でも元気!


 しかしこの野次馬目線というのは意外に馬鹿にできなくて、ここまで注目されるとプロレスも政治も「振り子の論理」でタメができて一気にはじける場合がある。すると枝野幸男氏が「立憲民主党」を旗揚げした。


「立憲民主党フォロワー13万人超え 自民抜く」(毎日新聞 10月5日)


 SNSでは大注目されている。


SNSで注目「立憲民主党」©getty


 最後にこの「つぶやき」を紹介しよう。


《閣僚の一人は、野党の混乱をほくそ笑む。「世の中が一瞬抱いた希望は、失望に変わってきた。民進もこっぱみじん。労せずして、『一強』に返り咲きだ」》(朝日新聞 10月2日)


 野党の混乱に「ほくそ笑む」まま、選挙は終わるのか?


 さて、どうなる。


(プチ鹿島)

文春オンライン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

オヤジをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ