<北朝鮮拉致>諦めない 「早く私の家族も」5人帰国15年

10月13日(金)21時39分 毎日新聞

チャーター機のタラップを下りる地村・浜本夫妻(前列右から2人)、蓮池・奥土夫妻(2列目)、曽我さん(後列中央)=羽田空港で2002年10月15日

写真を拡大


 北朝鮮に拉致された被害者5人が帰国して、15日で15年になる。いまだに帰国を果たせずにいる被害者の家族は、解決の糸口を見いだせない現状に焦燥感を募らせ、一日も早い拉致問題の解決を切望している。


 ◇有本恵子さん父母「私たちの命あるうちに」


 神戸市出身の有本恵子さん(行方不明時23歳)は欧州留学中の1983年、音信不通になった。父明弘さん(89)と母嘉代子さん(91)はそれぞれ持病を抱えながら、34年以上、娘との再会の日を待ちわびてきた。しかし、年を取るにつれ、身も心も限界に感じることが増えてきた。「何とか一日も早く、私たちの命あるうちに解決してほしい」。その思いは切実だ。


 まだ拉致問題が広く知られていないころ、有本さん夫妻は独自に外務省に掛け合ったが、「北朝鮮と国交がないから無理」と言われた。「街頭で(情報提供を求める)チラシを配っても払いのけられたこともあった」と振り返る。


 北朝鮮は2002年9月、日本人の拉致を初めて認めて謝罪したが、日本政府が認定した被害者17人のうち、恵子さんら8人について「死亡した」と説明した。夫妻は一度は諦めたが、「死亡書類」に書かれていた恵子さんの生年月日が誤っているなど不自然な点が多く、「絶対にうそ」と確信を持った。


 被害者5人が帰国して以降、事態は一向に進展していない。夫妻には日本政府が弱腰に見えてならないという。「日本は北朝鮮になめられている」と嘉代子さんは憤る。期待を寄せるのは、北朝鮮を厳しく非難するトランプ米大統領だという。明弘さんは「北朝鮮とは激突するしかない。トランプさんに希望を託したい」と訴える。【黒川優】


 ◇松本京子さん兄「とにかく無事でいて」


 「しんどくて、もういいかなと思う時もある。でも、諦めたら終わりだから」。鳥取県米子市出身の拉致被害者、松本京子さん(同29歳)の兄孟(はじめ)さん(70)は自分に言い聞かせるようにつぶやく。


 1977年10月21日夜、京子さんは自宅近くの編み物教室に向かった。近所の住民が、京子さんと話している男2人を目撃して声をかけると、男はその住民に殴りかかり、京子さんと共に姿を消した。付近には、京子さんが愛用していたサンダルの片方だけが残されていた。


 帰りを待ち続けた母三江さんは5年前に89歳で他界。孟さんも10年ほど前から肺炎や大腸がんを患うなど、入院することが多くなった。「自分が元気なうちに帰ってこなければ、私の人生の半分以上は捨てたようなもの」と孟さんは言う。


 京子さんについて「入国していない」と主張する北朝鮮や、問題解決の糸口を見いだせずにいる政府に、怒りや失望を抱かないわけではない。だが、孟さんは感情を押し殺して言う。「とにかく妹が無事で帰ってきてくれれば、それでいい。京子の代わりはいないから」


 自宅には、京子さんが成人式で着た晴れ着などが大切に置かれている。一日も早い帰国を願い、政府への要望や署名活動に走る日々が続いている。【小野まなみ】

毎日新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

北朝鮮をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ