<東武動物公園>フンボルトペンギンの「グレープ君」天国へ

10月13日(金)14時52分 毎日新聞

「けものフレンズ」のキャラクターのパネルを見つめるフンボルトペンギンのグレープ君=東武動物公園提供。(C)けものフレンズプロジェクト

写真を拡大


 埼玉県宮代町の東武動物公園は13日、「恋するペンギン」として親しまれたフンボルトペンギンの雄、グレープが死んだと発表した。14日から献花台を設ける。


 今春、人気アニメ「けものフレンズ」との提携キャンペーンで、少女化されたフンボルトペンギンのキャラクターを見つめる姿がネット上で話題に。10日から体調を崩し、12日に21歳で死んだ。人間なら約80歳にあたる。


 かつてパートナーの雌にふられる苦い経験もしたグレープ。晩年の人気急上昇に、飼育員の根本恵里さん(25)は「たくさんの方に愛してもらい、幸せだったと思います」と悼んだ。【木村健二】

毎日新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ペンギンをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ