【神戸製鋼データ改竄】防衛装備での使用を確認 自衛隊航空機や誘導兵器、魚雷

10月13日(金)18時58分 産経新聞

性能データの改竄問題などで会見する神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長=13日午後、東京都港区(飯田英男撮影)

写真を拡大

 防衛省の青柳肇報道官は13日の記者会見で、性能データ改竄(かいざん)が問題になった神戸製鋼所のアルミ製品が自衛隊の航空機などに使われていることを確認したと明らかにした。ただ、装備品の製造メーカーから「ただちに運用に影響を与えるものではない」と報告を受けたという。

 防衛省はこれまで、問題の製品が防衛装備に使われた「可能性がある」としていたが、航空機のほか誘導兵器、魚雷など一部の装備で使用を確認した。すべての装備についてはチェックが完了していない。

 チェックは神戸製鋼所からデータを受け取った製造メーカーが行っている。青柳氏は「かなり古いデータをもらっているようなので、全体を調査しているところだ」と説明した。

産経新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

航空機をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ