千曲川氾濫、救助要請相次ぐ「一日も早い復旧を」

10月13日(日)11時35分 産経新聞

台風19号による大雨で千曲川が氾濫し、大量の水が長野県障がい者福祉センターの敷地に流れ込んだ=長野市

写真を拡大

 台風19号の影響で、長野県内では、長野市の千曲川の堤防が約70メートルにわたり決壊し、広範囲で浸水被害が発生した。13日未明から119番が相次ぎ、同市消防局などが対応に追われ、自衛隊も救助活動を本格化させている。

 同市内の福祉施設2カ所からは救助要請があった。上田市を走る上田電鉄の千曲川にかかる橋梁(きょうりょう)の一部が崩落する被害なども出た。

 このほか、千曲川沿いの千曲、須坂両市、小布施町などでも氾濫が起きた。

 千曲川の近くに住む長野市の男性は「私が住んでいるところは丘陵地なので、浸水の被害はなかったが、親類が被害にあった。一日も早く復旧してほしい」と不安げに話していた。

産経新聞

「千曲川」をもっと詳しく

「千曲川」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ