熱狂と衝撃、アート・ブレイキー初来日の記録

10月13日(金)17時24分 読売新聞

発見されたアート・ブレイキーのコンサート音源

写真を拡大

 日本にモダン・ジャズブームをもたらしたアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズの1961年の初来日を記録した映画の音源とみられるテープが発見された。

 軽快に音を合わせ、機嫌良く口笛を吹く様子など、舞台裏の生々しい音声が収録されている。

 発見されたのは6ミリテープ5本。NPO法人「古き良き文化を継承する会」の根本隆一郎代表が昨年5月、映画の予告編制作者、坂尾富美子さんの遺品から見つけた。男の色気が漂う代表曲「モーニン」など7曲が収録されているほか、スタッフが舞台装置の指示を出す傍らで、ベース奏者が黙々と練習する音がしばらく流れるなど、バンドマンたちの素の音をとらえている。

 ジャズドラマー、ブレイキーらの公演は、1月2日から約2週間に及び、日本は熱狂の渦に包まれた。初日の産経ホール公演などは81年になってレコード化されたが、発見されたのは最終公演となった日比谷公会堂での収録と記され、ソロなど演奏内容も異なる。

 調査の結果、坂尾さんが編集を担当した「黒いさくれつ」という約50分の映画の存在に行き着いた。当時の読売新聞では試写を見た記者のコラムが載っているが、上映の詳しい状況はよく分からず、フィルムも見つかっていない。当時、メンバーのインタビューを行ったジャズ評論家の瀬川昌久さん(93)は「映画の存在は知らなかった。彼らの来日は社会的にも衝撃を与えた“事件”だった。舞台裏の生き生きとした様子が面白く、音声だけでも大変な発見だ」と話している。

 音源は、10月21日に東京のヤマハ銀座ビルで行われる「〜ジャズレコード誕生100年〜ジャズの黄金時代」のオープニングコンサートで公開される。

      ◇

 ◆アート・ブレイキー 1919〜90年 米国のドラム奏者。50年代半ばにトランペットやサックスを擁したバンド、ジャズ・メッセンジャーズを結成し、「モーニン」などの大ヒット曲を生み出した。野性味あふれる演奏が持ち味。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

衝撃をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ