同居の弟切り付け死なす、殺人未遂容疑で78歳兄を逮捕 栃木・壬生町

10月14日(土)0時0分 産経新聞

 栃木県警栃木署は13日、弟を切りつけて殺害しようとしたとして、殺人未遂の現行犯で、栃木県壬生町福和田、無職、大橋重信容疑者(78)を逮捕した。弟はその後、死亡した。

 逮捕容疑は、同日午後7時半ごろ、自宅で同居している弟の武さん(74)に対し、鋭利な刃物で首などを切りつけて殺害しようとしたとしている。県警によると、大橋容疑者は容疑を認めている。午後7時40分ごろ、「弟を殺した」と大橋容疑者とみられる男から119番通報があった。武さんは病院に搬送されたが、約1時間半後、死亡が確認された。

 同署は容疑を殺人に切り替え、動機や詳しい経緯などを捜査する。

産経新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

栃木をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ