今日17日(火)の天気予報 西日本や東日本は秋晴れ続く 北海道は強風や雷雨に注意

2023年10月17日(火)5時20分 ウェザーニュース

2023/10/17 05:24 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・西日本や東日本太平洋側は秋晴れ続く
・北海道日本海側は雷雨に注意
・山陰や新潟・山形はにわか雨に注意

今日17日(火)の日本付近は西高東低の気圧配置が続きます。北海道の上空には強い寒気が流れ込んで大気の状態が不安定になるため、一時的な強い雨や雷雨、突風に注意が必要です。
西日本や東日本では太平洋側を中心に秋晴れが続きます。

西日本や東日本太平洋側は秋晴れ続く

西日本や東日本太平洋側では広範囲で秋晴れが続きます。スッキリとした青空が広がる見込みです。
昼間は25℃前後まで気温が上がって過ごしやすい体感になります。朝晩は内陸部を中心に冷え込むので、服装で上手に調節してください。

北海道日本海側は雷雨に注意

雨雲雪雲の予想 17日(火)12時

上空の強い寒気の影響で、北海道の日本海側は大気の状態が不安定になります。一時的に雨が強まり、雷雨や突風、雹(ひょう)などに注意が必要です。山沿いではみぞれや雪になる可能性があります。
沿岸部を中心に冷たい北風が吹きつけるので、万全の防寒が欠かせません。

山陰や新潟・山形はにわか雨に注意

東北から九州にかけての日本海側では広く日差しが届きますが、山陰や新潟県・山形県周辺では異なる方向の風の衝突によって雨雲が発生し、短時間の雨を降らせる可能性があります。
外出には折りたたみ傘があると安心です。

ウェザーニュース

「日本」をもっと詳しく

「日本」のニュース

「日本」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ